FXとは?入門編

昨今、外国為替証拠金取引(FX)の個人での取引が注目されている。
金融商品はもともと証券会社を介して購入していたが金融ビッグバン以降、様々な金融商品が証券会社を介さず、個人が個人の判断で即時に売買できるようになった。
その一つにこのFXがある。

FXとは外国通貨をペアの売買により価格の増減で利益を上げる投資方法だが、大きな特徴としては少ない元手で大きく運用できる点である。
例えるなら「テコの原理」で手元が資金は1万円だったとするとそれを「証拠金」として10倍20倍などの額で運用できる。
この倍率のことを金融用語ではレバレッジという。

FXの入門編つまり10倍で運用すれば10万円で運用できるわけでそうすれば勝った時の儲けも10倍になる。
しかし逆に言えば負けた時のリスクも大きく、自分が思っている額と真逆に相場が動けば損失は10倍の速さで膨らむ。

そしてそれを黙ってみていると、やがて損失額が証拠金元本を上回り証拠金は没収される。
これをロスカットという。
ロスカットされると証拠金は戻ってこない。

このようにFXとは金融商品の中でも元本が保証されていない金融商品である為その性質をよく見極める必要がある。
簡単にいうと折角運用に回した資産が自身の投資判断のミスにより一文無しになってしまうリスクを孕んでいる。

金融商品の中でも自己責任の性質がとても強く、また売買のルールが上がるか下がるか?と単純な為射幸性の高い金融商品である。
しかしリスクも大きいがメリットもそれに比例して大きいのがFX。

この投資の魅力はなんといっても少ない元手で大きく運用できる点であり、一定条件を満たすことが必要だが、世界経済の流れや、主要国の経済指標が発表され今後の相場の流れ(トレンド)を自分の力で瞬時に分析し、ポジションを組んでそれが的中し勝った時の高揚感は負けていた時の数倍にもなる。

それが忘れられないからこそ誰もがエンジョイfx.comなどのサイトから情報を得てFXに燃えるのだ。
これからそのFXの魅力について余すところなく解説していく。

FX(店頭外国為替証拠金取引)|ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行
Copyright(c) 2013 誰もが気になるFXについて勉強しよう All Rights Reserved.